肺疾患検出器クラウドサービス

  •  

ユニークな30,805人の患者からの疾患ラベルを持つ112,120のX線画像で構成されたNIHが提供した胸部X線データセットを元にモデル化し、胸部X線画像をドラッグ&ドロップすることで解析結果を表示するサイトを公開しております。

データに関する詳細は、こちらをご参照ください。

公開情報につきましては、弊社サイトの お問い合わせ からご連絡ください。

操作手順

1.起動

ブラウザで該当URLにアクセスすると、初期画面を表示します。

2.画像選択

「参照ボタン」をクリックすると、ファイル選択のダイアログボックスが表示され、検出したい画像をダイアログボックスから選択し、最後に「開く」ボタンをクリックする。

最初の画面に自動的に遷移し、選択したファイル名を表示します。

3.検出開始

選択したファイル名でよければ、「肺疾患種の検出開始」ボタンをクリックすると、検出を開始します。

4.検出結果

「肺疾患種の検出開始」ボタンをクリック後、約10秒後に、検出結果(上位3疾患)を表示します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です